はいどうもこんにちは、ちべです。

というわけで今回は・・・

ネタが無いので書庫の7章~9章の話をしちゃうよヾ(゚д゚)ノ゛



もう攻略知ってるよーって人はスルーしておkです(:3 _ )=

正直タイタニオさんが倒せるなら時間さえかければ7~9章は余裕だと思うので、ギミック的な話ヾ(゚д゚)ノ゛
とはいえ画面に表示が出るので二番煎じみたいなものですが(:3 _ )=

じゃあまず7章のアルジャーナさんから


こいつは
ぐるぐるスキル分身スキルの2つがメインになってます!ヾ(゚д゚)ノ゛

分身スキルのほうは近づかれるとめっちゃ痛い攻撃が来るので逃げましょう、時間経過でおそらく消えますヾ(゚д゚)ノ゛
一応範囲攻撃で攻撃してるけど倒せてるのかすらわかりません(=゚ω゚)

そしてぐるぐるスキルが来たらちゃーーんす!

1_20160510192916ab0.png

こんな感じでアルジャーナさんに誘導してあげましょう!アルジャーナさんあほの子だから自分のスキルでごっそり減っていきます(=゚ω゚)

何も行動するな。とか出てくるから紛らわしいけど、こういう事だと思います。多分(:3 _ )=



そして8章!!


これも画面に出てる通り解釈すれば

マッドソース(赤いクリスタルみたいなやつ)が出てる場合
メリット:被ダメが減るので死ににくくなる。
デメリット:マッドソースからスキルが来る。若干倒すのが遅くなる。

純潔の結晶(黄色いクリスタルみたいなやつ)が出てる場合
メリット:結晶がフォールンさんを攻撃してくれる。
デメリット:被ダメが増える。

みたいな感じだと思いますヾ(゚д゚)ノ゛
4つクリスタルがあるので自分の力量に合わせて変化させていくといい感じなのかな・・?

ちなみに吸引スキルみたいなのくらうとすべてのクリスタルがマッドソースに戻ります(:3 _ )=



そして最後の9章!


戦闘開始から少し経つと奥でサニアvsタラムダンの実体の無い意味不明なバトルが始まりますヾ(゚д゚)ノ゛

こちらがやることは実体のあるタラムダンのスキルを使って赤いクリスタル(逆転の運命ってやつ)を破壊!
これを壊すと奥のタラムダンのHPを大きく減らすことができますヾ(゚д゚)ノ゛
もう一個の青いクリスタル(不屈の運命)を壊すとどうなるかは知りません。サニアさんが危ないのかな?

そして逆転の運命を3個くらい壊すとサニアさんが勝ちます。
で、謎のぐるぐるスキルが発動と同時に実体のほうのタラムダンのHPが1~2割ほど減りますヾ(゚д゚)ノ゛

ようは奥のサニアが勝てば、実体のタラムダンのHPがごっそり減るよってギミック(:3 _ )=


てことで珍しく攻略的な記事でしたヾ(゚д゚)ノ゛


そういえばお初の某ブロガーさんとPT組む機会があったので、相互リンクさせていただきましたヾ(゚д゚)ノ゛
 ↓こちらからどうぞヾ(゚д゚)ノ゛
幻想神域 mioの気まぐれ日記

折角のブロガーさんだったのにまたしてもSS撮ってなかった底辺ブロガーは私です(:3 _ )=
1枚撮ったと思うんだけどなあああ


そしてたまには日常のSS

snapshot_20160428_001844.jpg

イメージ的には聖剣伝説2の神獣戦!

子午線の祀りは名曲だと思う(:3 _ )=



最後に一曲

前回のオリジナル25のインストverを作ってみました。(音色も結構変更)

オリジナル25インストver ←クリックで再生


歌詞が全く思いつきませーーーーーん!!!!

ではではばいばーい

banner (1)
↑よろしければポチッとヾ(゚д゚)ノ゛

ネタがなーい

書庫とか

comment iconコメント ( -2 )

wwwwwwりんくありがとー!
こちらは さっそくブログに紹介を ry
結構好評ですよ★★
前回のオリジナル25のインストver 聞いたけど結構力強いね
んー歌詞か・・ せっかくの曲が台無しになりそうな歌詞を書きなぐりそうなので・・w 控えておきます^w^
またタイミング合えば ぜひぜひ~ IDいきましょおおヾ(*´∀`*)ノ
へぼへぼですが (/・ω・)/ ついでに 応援ぽちっと

名前: みお [Edit] 2016-05-13 19:59

Re: タイトルなし

こちらこそありがとうでしたヾ(゚д゚)ノ゛
歌詞とか作曲より難しすぎてやる気すら滅多に起きません(:3 _ )=

名前: ちべ [Edit] 2016-05-31 20:30

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。